頭を強打した場合の後遺症

頭を強打した場合、どの部分をうったかで変わってくるのですが、後頭部の場合は脳の後部を打ちつけてしまうので、意識障害や全身麻痺等を引き起こします。
側頭部を打ち付けた場合は脳の外側にダメージを受けてしまうので、左脳であれば思考や理論的な機能の障害が出るので、相手に上手く言葉を伝えられないなどの言語障害が出てきます。
右脳であれば知覚や感性の機能に影響が出るので、視力に影響が出たり、味覚など五感に影響が出たりと様々な影響を引き起こします。

前から頭を打ちつけた場合はそこまで影響が出ない形になっており、サッカーではヘディングなどを行ったりと頻繁に活用されています。
額の部分はしっかりと守られているので、衝撃が強くても脳震盪を起こす可能性がありますが、脳に深刻なダメージというのはほとんどない形になっています。
頭のどの部分を打ちつけたかで後遺症が違ってくるのですが、頭は人間の中区神経部分なので、後遺症が出てくると身体の機能に様々な影響を出します。

頭の後遺症は脳の変形や脳を構成している無数の脳神経がダメージを受ける事で、症状が出てくるので頭はしっかり守る対応が必要です。
頭の後遺症は治療の上に長いリハビリが必要になるので、できるだけ脳がダメージを受けて後遺症が出ないようにする事が重要です。
私達に必要な呼吸という対応も脳を通じて対応しており、脳に障害が出てしまうと、呼吸不全に陥ります。
頭はダメージを受けないようにしっかり守っていきましょう。


<推薦サイト>
交通事故による後遺症にお悩みの方をサポートしてくれるサイトです ... 交通事故の後遺症